notice!

大阪で働くIT会社員が日々の気づきを発信します!

【Matcher】マッチングアプリで就活生と会ってみた

こんばんは!

 

今日は就活性と社会人のマッチングアプリ

「Matcher」を使って就活生のお話を聞いてきました!

 

このアプリは前から知っていたのですが、先月くらいから遂に関西でのサービスが開始されたんです。

 

まだまだ関西では使用者が少ないみたいなのですが、素晴らしいアプリなのでご紹介していきます!

 

 

 

Matcherとは?

ãmatcherãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

このアプリは就活相談をしたい学生さんと、学生と話したり、相談に乗る代わりに何かささやかなお礼をしてほしいという社会人をつなげるマッチングアプリです。

 

社会人目線での使い方としては、以下のとおりです!

・自分のプロフィールを登録

・学生を募集するプランを作成

(就活相談に乗るので〜してください!形式)

・プランに学生が応募

・承諾すればメッセージが可能

 

といった流れです。

 

とても簡単な内容ですが、悩める就活性にとってはメリットデカすぎるサービスではないでしょうか??

 

逆に社会人にとっては、特に大きなメリットは無いですが、たまに学生と話すことでフレッシュな気持ちを取り戻せるのかなと思います!

〜してほしいの部分は特にお願いを書いていない方が多いです。

(僕はブログを読んでくださいにしていますが...)

 

実際に会ってみた!

ãmatcherãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

今回は就活を始めたばかりで、とりあえず相談したい!

という学生さんに会ってきました!

 

やっぱり学生の頃に初対面の社会人と話すってのはけっこう緊張しちゃいますよね。

そんな緊張感を無くす為にもこのアプリで慣れていってもらえればな〜と思います。

 

お話を聞いていると、行きたい業界もやりたい仕事も特に決まっておらず、こんな環境で働きたいな〜ってところはふわっと考えているみたいで。

 

「就活の時に面接で気をつけていたことってなんですか?」

「どんな社風の会社で働きたいと思っていましたか?」と。

 

懐かしい、、!

就活の頃って社会のことなんか全然解らないのに、自分なりに自己分析して会社のことを調べてたくさん考えて過ごしていたなあと。

 

あのころの僕は「俺のことを評価しないような見る目無い会社には行かねえよ」ばりにささくれてましたので、ちょっと参考にならなかったかもしれませんが、今になって思うあの頃の視野の狭さみたいなところはお伝えできたかなと思います。

 

結論としては、「絶対に大事にしたいことと、絶対に嫌なこと」を明確にして、将来送りたい生活から逆算しましょうということだけです。

 

学生は絶対に利用すべき

僕の相談で何かを得てくれていたらなあと思いつつ、このアプリ最高じゃね?ってなってます。

 

なんといっても学生さんにメリットが多すぎます。

僕が学生の頃なら、100人くらいは会いにいくと思います。

 

というのも、このアプリを使ってるような、そこそこ情報に敏感で、キャリアに対して考えており、興味がある会社で働いている社会人に簡単に会えて、なおかつおごってもらえるはずですから。

 

僕も本日はよい時間を過ごすことができました。

そんなMatcherのマネタイズがものすごく気になってますので、調べてみようと思います。

 

時代はマッチングアプリです!

 

ではでは!